ホーム > 教育 > お金の勉強

お金の勉強

任意整理とは普通は借金の整理というようにも呼ばれており貸方に対して返金を継続することを前置きとした債務整理の手だてのことです。

 

一般的な流れですが、司法書士事務所とか弁護士の資格を持つもの債権を有する者と借り手との仲介役として示談し、利息に関する法律に従い利息の引き直しをしてからもう一度計算しなおした借り入れた元金について年利をカットした方法によって3年くらいの期間で返済していく債務の整理の計画です。

 

この場合は裁判所などの公的機関が関与しないためこれとは異なる計画と比べた場合手続きを取った際における不利になる点が最も小さく手続きは依頼者に問題にならないことからメインとして比較考慮するようお勧めするやり方でもあります。

 

または、貸方がサラリーマン金融といった法外な利息だった場合は法律で定められている利子に加えて振り込んだ金利は借入金の元金に充当できると考えて借金の元金それ自体を減額することもできます。

 

つまり、ヤミ金業者のような法外な金利を取るところへある程度の期間返済を続けている場合にはある程度の金利分をカットできるような場合もありますし、十数年返しているケースなら負債自体が消滅してしまうこともあります。

 

債務の整理の良いところですが自己破産とは違って特定の負債のみを処理することが可能なため、他の保証人が関係している借金を除き検討していく際や自動車ローン以外で整理をしたい場合などにおいてでも活用することも良いですし築き上げてきた財産を処分してしまうことは求められませんので、貴金属や有価証券財産を持っているけれど、処分してしまいたくない場合にも活用できる債務整理の方法となっています。

 

しかし、手続きを取った後の返済に必要となる額と現実の手取り額を検討し返済の計画を立てられるのであれば任意での方法を選択することが可能ですが、破産手続きと違って返済義務が消えるという意味ではありませんので借りている総量がかなりある状況では、残念ながら任意整理で選択肢を選ぶのは困難であると判断することになるでしょう。

 


関連記事

  1. お金の勉強

    任意整理とは普通は借金の整理というようにも呼ばれており貸方に対して返金を継続する...

  2. テスト

    テスト記事です。...