ホーム > 口座開設 > りさやを稼ぐ

りさやを稼ぐ

「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売買して収益を狙う投資です。

 

取引の価格は常に変化しています。

 

これがマーケットです。

 

ラジオを聞いていると、ドルやユーロの為替相場の話題が流れるケースがあります。

 

よくあるのが「今日のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表現しています。

 

要するに、トレードには買値と売値の値段が存在します。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示するFX業者もあったりします。

 

一般的に買値よりも売値のほうが低くなっています。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

その差額をスプレッドといい、取引会社の稼ぎといわれています。

 

スプレッドの広さはFX会社によって変化します。

 

スプレッドの広さはあなたにとってコストになるので、狭いFX会社をセレクトしたほうが有利になります。

 

ただし、同じ業者でも場面によってスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。

 

例として通常は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッド幅であるとしても為替相場の上下がかなり大きいときには広くなったりするのです。

 

なので、スプレッドが狭いのと合わせて、安定しているのが必要です。

 

最近では変わらないスプレッドの差を示す業者もいろいろあります。

 

現実にFX業者の売買画面の中で本当の為替レートを見て確認しなければ評価できないので手間がかかりますが、肝心な事です。

 

大事なお金を投じてエントリーをしますので本当の売買の前に気になるFX業者の新規口座開設を全部して提示されているスプレッドの広さを確かめましょう。

 

同じ通貨ペアでも市場のボラティリティによって通貨ペアのスプレッドの幅は変わることがあります。

 

おおむね、インターバンク相場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さく、別の外貨ではスプレッドの広さが拡大する事がよくあります。

 


関連記事

  1. りさやを稼ぐ

    「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売買して収益を狙う投資です。  ...

  2. テスト

    テスト記事です。...